ことばが遅い、吃音、発達障害などの言語相談、子育てに関する心理相談をしています。

言語聴覚士とは?

言語聴覚士はことばによるコミュニケーションや嚥下に問題を抱える子どもや大人の相談にのり、生活しやすくする手伝いをします。

⑴ 成人では脳卒中後の言語障害(失語症、構音障害)や発声障害

⑵ 子どもでは聴覚障害、ことばの発達の遅れ、声や発音の障害

⑶ 成人、子どもの嚥下障害

などがあります。

日本言語聴覚士協会のデータによると、全国の病院、学校、福祉施設で働く言語聴覚士の数は、11800人あまり(2014年3月現在)で、子どもを対象としているのは、その内、5000人余りです。
詳しい内容は日本言語聴覚士協会のサイトをご覧下さい。
https://www.jaslht.or.jp

gengorou-tyoukakusi

 

hana_border3

お電話のお問い合わせは TEL 042-467-8171 受付時間:平日 17:00〜21:00の間

PAGETOP
Copyright © 梅村こども診療所相談室 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.